院長のコラム

加熱式タバコについて

最近の加熱式タバコ(アイコス、グロー、プルーム・テック)についてお話しましょう。

最近のデータを見ると、加熱式タバコから出る有害物質の量は、紙巻きたばこと比べて少ない物質とそうでもない物質があり、有害物質の種類は同様に多いことが分かってきました。 ニコチンはもちろんのこと、発がん性物質のホルムアルデヒドがかなり含まれています

また、若い人で加熱式タバコが原因と考えられる急性肺障害の症例が日本でも報告が増えてきています。世界で主流の電子タバコではさらに多数の急性肺障害や死亡例が報告されており、各国で電子タバコの販売禁止が始まっています。

加熱式タバコによる急性肺障害の画像

  1. 加熱式タバコが産生するエアロゾルには有害成分が含まれており、健康への影響が不明のまま販売されていることは問題です。
  2. 加熱式タバコの喫煙者の呼気には有害成分が含まれており、喫煙者だけではなく、他者にも健康被害を起こす可能性が高い。

また、すべての加熱式タバコにはパンフレットに有害物質の量を紙巻タバコより減っていますが、健康に及ぼす悪影響が他製品と比べて小さいことを意味するものではありませんと小さく薄い字で書いてあります。

  1. 加熱式タバコが紙巻きタバコよりも健康リスクが低いという証拠はなく、健康のためにはその喫煙や使用はおすすめしません。
  2. 加熱式タバコの喫煙の際には紙巻きたばこと同様の受動喫煙対策が必要です。

それでは、喫煙者はどうすればよいのでしょう?

アイコスのパンフレットには、小さな薄い字で書かれていて読みにくいですが、一番最後にとても良いことを書いています。

*たばこ関連の健康リスクを低減させる一番の方法は、紙巻きたばこもアイコスも両方やめることです。

当院ではニコチン依存症に対して、積極的に禁煙外来を行って禁煙のお手伝いをしています。ご希望の方はぜひご相談ください。

関連記事